仙川近辺(千歳烏山・つつじヶ丘)のギターリペアショップ工房path(パス)

2019年3月4日

京王線の千歳烏山、仙川、つつじが丘近辺でギターをリペアしてもらえるリペアショップをお探しならば工房pathがおすすめ。

素敵な工房を見つけたので、皆さんにシェアさせていただこうと思います!




仙川近辺の(つつじヶ丘・千歳烏山)のギターリペアショップ

仙川とつつじが丘の中間、徒歩15分~20分圏内にある個人でやっていらっしゃる完全予約制のギターリペアショップ

お店の住所は楽器を預かっているため、防犯上いまのところインターネットでは非公開です。直接お問い合わせください。


2019年 工房pathよりお知らせが出てましたので追記いたします。

ここのところ作業総数が増え、お急ぎのご依頼の場合には
徹夜で作業するケースも増えてきてしまいました。
苦渋の決断ですが、健康第一に工房を長く続けていくため、
特急料金の項目を追加させていただきます。
詳しくは〔リペア料金表〕ページをご確認ください。

http://www.path-guitarbassandfx.com/

手を抜けない職人気質の性格の方でしょうから良い判断だと思います。健康第一で、末永くお世話になりたい。

ギターリペアのセットアップ料金、その内容は?

一般的なリペアショップの弦高調整やロッドの調整などと比べると、ちょっぴり割高に感じてしまうかもしれません。

しかし、充実したその内容を知れば納得の料金設定となっています。

その名も「スペシャルセットアップ」その内容とは下記の通りです。


◎スペシャル・セットアップ
(トラスロッド・弦高・オクターブ・
PU・ナット調整・フレット磨き上げ・弦交換)
お客様それぞれのプレイスタイルに
合わせて調整します。
※納品後1ヶ月は無料にて再調整いたします。

http://www.path-guitarbassandfx.com/price.html

納品後の1ヶ月以内なら無料で再調整

これはかなり有難い!

リペア後に、自宅でギターやベースを弾いてみて、「やっぱちょっと違うなぁ」と感じることってよくあるじゃないですか!

もっと「弦高を低くしたい」とか、色々と欲求が沸いてきますけど・・・

せっかくちゃんと調整してもらってるし、あんまし自分でイジりたくないじゃないですか。(笑)

なので納品後の再調整無料は、かなり魅力的なセットアップのオプションですよね。

実際にスペシャルセットアップを利用した方々のSNSなどの感想を引用させていただくと・・・

その評判は有名ミュージシャンの間でも広がりつつあるのが分かりますね!

で、ここまでは「な~んだ普通のリペアショップか」と思ってしまうかもしれませんが、断じて違います

プレイヤーとの信頼を築き上げるのが工房pathの強み

セットアップに限らず、リペアに出す際は必ず予約して行かなければなりません。

先入観としては、いかにも敷居が高い工房に思えますが、実際のところそうではありません。

予約制なのは、楽器プレイヤー1人1人と、念入りにディスカッションし信頼を築く時間を設けているからこそ

一般的なリペアショップでは、安い価格で出来る限りお客さんを多く抱えたいがために、「どんな人がギターを弾くのか…」までは、なかなか考えが至りません。

いくらギターを最高のコンディションに仕上げてくれたところで、それが自分にとって最高なのかは別問題なのです。

しかしここ、工房pathは…

会話の中からその人を知る時間を設け、考えや好みをしっかり理解した上で、リペアに励んでくださるのです。

1番ビックリしたのが、リペア完了後の楽器受け取り時に、弾き心地の確認と、意見を聞きながらの最終調整の時間を設けていること。

しかも調整した数字をメモってカルテ化してるところも驚き。

楽器カルテ

自分好みのセッティングを数字で管理してくれるので、「前みたいにしてほしい」で大抵通じます。

一般的なギターリペアと言えば、「パパっと預けてパパっと受け取り」が大半なので、自分もそんなもんだろうと思っていただけに、その責任感溢れる職人魂にはちょっと驚きました。(笑)

だから「予約制なのかー」と勝手に納得したのであります。

だからといって「10万円も20万円もするギターじゃないと診てもらえないのか?」

と、思ってしまいがちですが・・・、

安ギターだろうと高級ギターと同等で、その楽器がもつポテンシャルを120%引き出そうとしてくれる職人魂に敬意すら感じるほどなのです。

ギターやベース初心者の方だろうと、なんら謙遜する必要なく、少しでも今の楽器に弾きにくさを感じるのであれば、是非利用してみていただきたい!と思えるギターリペアショップなのでありました。

プレイヤーの楽器への不満を解消してくれる

新しく楽器買ったけど、もっとこうならないのか…って不満や悩み、絶対誰にでもあると思うんです。

そういうもんだと思って弾き続けるけど、弾き心地の悪さに結局手放しちゃうんですよね。あるあるでしょう?(笑)

手放しちゃう前に工房pathに相談を、わりとあっさり解決しちゃう事多いんです。

私の場合を例にあげると…

default/06-sky.png
ネットで中古で購入した
Bacchusのベース 、これ弦高が低いわりにテンションが堅くて弾きづらいんですよー。

テンションが堅い弦
default/02-orange.png
セパレート部分の後ろをかさ上げすれば、弦の進入角度がゆるやかになるので、六角ナットいれてみましょうか。専用の台座つくってもいいですけど…
default/06-sky.png
その発想はなかった…。安上りな六角ナットでお願いします!

というわけであっさり解決。これがめちゃくちゃ弾きやすい!

弦の進入角度をゆるやかに
弦の進入角度をゆるやかに

リペア後は、弦が手に吸い付くフィット感や、音のまとまり、こんな良い楽器だったのかといつも気づかされるんです。

今なんらかの不満があるのなら工房pathの店主に相談してみてはいかが?

ビザールギター好きにはたまらないギタリスト&ベーシストの遊び場

ギターやベースをリペアに持っていくと、まず驚くのが部屋の中央に置いてあるビザールギターやジャパンビンテージの数々

画像引用元:防音でなくても大丈夫! 3人の楽器職人の音を気にせず音を出せる環境の見つけ方

このギターやベースの数々、他にも見た事もないエフェクターやアンプも!

そんな工房pathで撮影されたyoutubeの動画を発見いたしました。
動画のさくらさんって確か「チャランポランタンと愉快なカンカンバルカン」でベース弾いてる方だったような・・・

ズラリと並んだこれらの楽器は「好きに弾いていいですよ」との事。

楽器をリペアに出しに行ったつもりが、リペアそっちのけでジャパンビンテージやビザールギターを弾くのに夢中になってしまうのです。(笑)

本来ならば、オークションで安く売り払われるようなFresherやtokai製のプレベなどがズラり。

行き場を失ったギターやベース達は、ここ工房pathで来た人みんなに弾いてもらえるという素敵な余生を過ごしているのであります。

ただリペアに出しに行っただけなのに、結果的に色々な発見が出来るというのはすごく嬉しいですよね。

もし仙川駅近辺の千歳烏山やつつじヶ丘にお住まいの方で、大事なギターやベースをリペアしてもらえるリペアショップをお探しの方がいましたら、是非とも工房pathを利用してみてください!

友達の家に遊びに行く感覚で気軽に行けますので!(笑)

きっと楽しい時間が過ごせると思いますよー!

工房path関連記事

2019年3月4日