ギターの大定番オーバードライブの種類を徹底比較!それぞれの特徴は?

オーバードライブの種類
default/06-sky.png
オーバードライブって結局どれ買えばいいの?

ギタリストにとっては、ギターとアンプの次に重要なのがオーバードライブだと思います。

でも販売されているペダルの種類が多すぎて、正直どれを買えばいいのか分からなくなりますよね。誰だって最初は悩むんです…

ディストーションをローゲインにセッティングして使うのも含めて、オーバードライブサウンドは常にギタリストの最重要テーマ

そこで、オーバードライブペダルを分かりやすく分類して整理してみたいと思います。

たくさんオーバードライブがあっても、歪みの「系統」さえ分かればだいたいのサウンドの見当もついてきます。




ギターのオーバードライブは分類すると3種類

世の中のオーバードライブの品数は物凄いですが、大きなカテゴリーで分類すると3種類。

調べてみると数が多い割には分類は少ないのです。

膨大な数のエフェクターといえども、たった3種類だったら覚えやすいですよね。

オーバードライブの種類別の特徴をしっかり把握しておけば、きっと自分好みのオーバードライブも見つけやすいはずです。

TS系

有名な緑のペダル、アイバニーズのチューブスクリーマーとそのタイプのペダルです。最も数が多く、最大勢力です。

TS系はオーバードライブペダルの”基本”でもあります。甘くウォームでミッドレンジが豊かなトーンが特徴です。

バッファードバイパスかトゥルーバイパス、コンプカット(オープンな音にする)モード搭載など違いがありますが、総じてミッドレンジにピークがあることは共通しています。

例:Ibanez TS9、TS808、BOSS SD-1、Fulltone Fulldrive2、 Fulldrive3、 EHX East River Driveなど

created by Rinker
Ibanez
¥9,145 (2019/11/19 01:11:42時点 Amazon調べ-詳細)

Klon系

幻の名機、Klon ケンタウロスとそのコピーモデルです。

前述したTS系( チューブスクリーマー )との比較

オリジナルのKlon ケンタウロスは高価(高いもので300,000円~)で、なかなか手が出ません。

そこで、ペダルメーカーがそのコピーモデルを作るようになりました。

幻のペダルが購入しやすくなり、とても人気があります。現在ではTS系と並ぶ人気です。

どちらかと言えばブースターとしての評価が高いKlon系ですが、TSのようにミッドレンジに寄りすぎることもなくクリアにブーストできるのが人気の要因です。

ただクリアではなく、絶妙なミッドレンジの押し出しとウォームさ、隠し味のローファイ感は、TS系では満足できないギタリストの不満を解消してくれるものでもあります。

例:Bondi Effects Sick As Overdrive、J Rockett Pedals Archer、Archer Icon、Wampler Tumnus、EHX Soul Foodなど

created by Rinker
Bondi Effects
¥32,778 (2019/11/19 01:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

フルレンジ系

TSやKlonタイプとは異なり、フラットなトーンが特徴のペダルです。

フルレンジ系の代表格「BOSS BD-2」

アンプライクなものが多く、クランチやプリアンプ的に使いやすく人気があります。

またTSやKlonとは異なり、フラットにブーストできるのも特徴です。

タッチの再現性の高さを重要視するプレイヤーに選ばれる傾向があります。

例:BOSS BD-2、BD-2w、Mad Professor Sweet Honey Overdrive、Paul Cochrane Timmyなど

created by Rinker
BOSS
¥9,908 (2019/11/19 01:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

楽器店などにたくさん並んでいるオーバードライブも、こうして分類することで分かりやすくなります。

是非お気に入りのオーバードライブを見つけて下さい!